危険予知・注意喚起

人工知能KIBITで過去の事故データを有効活用し、
建設現場の災害削減を支援

建設現場での労働災害を防止するため、多くの企業では平成18年に施行された改正労働安全衛生法(※1)で危険性・有害性等の調査及び必要な措置が努力義務化されたことを受け、社員に正しい知識と的確な行動を身に付けさせるKYT(危険予知訓練)・KYK(危険予知活動)を続けています。これにより災害件数は減少傾向にあるものの、いまだ一定数の悲惨な労働災害が発生しており(※2)、さらに高度な危険予知・安全衛生活動が求められています。


※1 第28条の2:危険性・有害性等の調査及び必要な措置の実施(平成18年4月1日)

※2 平成31年/令和元年における労働災害発生件数:死亡者数845人、休業4日以上の死傷者数125,611人(出展:厚生労働省「労働災害発生状況」





危険予知・注意喚起における課題




データ活用

業務記録の一部のみをモニタリング対象としているため、
チェック漏れの可能性がある


品質

モニタリング対象のデータが非常に多く、
膨大な工数がかかる

FRONTEOのAI技術を活用することで、
より効果的な危険予知・注意喚起活動が可能です

ソリューション概要

KIBITを活用した関連災害データ検出と注意喚起の流れ

当日の工程や作業内容を入力すると、AIが過去の災害データを解析し、関連性が高い順にスコアリング。スコアの高いデータから順に確認することで迅速に必要情報が確認でき、効果的な注意喚起、労働災害削減へと繋げます。



関連資料ダウンロード

危険予知・注意喚起ソリューション

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-6375

株式会社FRONTEO ビジネスソリューション本部