KIBIT 導入事例
株式会社ソラスト

AIが「退職リスクが高い」と判断した新入社員への追加フォローで、離職率が大幅に減少

株式会社ソラストは、新入社員の離職を防ぐ取り組みにAI「KIBIT」を導入。新入社員の面談記録を解析し、不安や不満を抱える人を早期に発見しフォローを行うことで離職を防ぎ、定着率を高めた。

ーお話を伺った方ー
株式会社ソラスト キャリアデザインセンター 
採用企画部 部長 菊池 雅也 氏

データアナリティクス課  課長 菅野 透 氏

株式会社ソラスト

https://www.solasto.co.jp/

設立
1968年10月(創業 1965年10月)
事業内容
医療関連受託事業、介護・保育事業、その他

本事例の概要

課題

・新入社員へは、コミュニケーションシートを使った年7回の面談を行い、抱える不安や悩み・問題に応じて、配置換えなどの対策を早期に講じることにしていた

・しかし、月間2,000 名超の面談記録のレビューは負担も大きく、また、面談者(人)による判断には限界があり、退職リスクの高い新入社員を見逃してしまうこともあった

実施内容

Knowledge Probe

・コミュニケーションシートのコメントや面談記録をKIBITで解析

効果

・早期離職リスクが高い社員の特定・追加フォローが可能に

・離職率が大幅に減少

・膨大な面談記録のレビュー業務も効率化

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-6375

株式会社FRONTEO ビジネスソリューション本部